めにゅーにもどる

02/7/9放送 ごきげんよう より ホーム・チーム 

<思い出のデート>

小←小堺一機  与←与座嘉秋  檜←檜山豊 森←森下瑤子 東←東幹久

 

小「さぁ、ホムチ。」

与&檜「はい!」

檜「いきましょう。」

小「何がでるかな、なにがでるかな♪」

(めちゃめちゃころがるサイコロ)

檜「あららららら。」

与「あー、ほらーほらー、今日は転がるね〜。」

小「(ボーン♪)」

小「思い出の・・」

与「あぶない!!!(もう一度さいころを転がす)」

小「(笑)」

檜「与座、おまえ伝説をつくるなぁ、おまえ。(笑)」

小「なにやってんだよ!」

檜「伝説を作った与座。」

小「さっきここ(思い出のデート)だったんだよ。」

与「(笑)くそぅ!」

小「思い出のデート!忘れらない・・・逢引。」

客「忘れられない・・・逢引。」

小「逢引って言うのよ、デート。」

檜「ほんとにみんななんでもやりますね(笑)」

与「思い出のデート。」

檜「思い出のデートですか。」

小「あ、ちょっとはがきがベッカムになってるよ。これ。」

檜「(笑) よく気づきましたね、こんなところ。」

小「はがきがベッカムだよ。」

檜「いやぁすごいなぁ〜。」

与「はやってますね〜、ベッカム。」。

小「ベッカムねー。はい。したくてもできない人もいるんですけどねぇ。」

檜「あ、ベッカムヘアーね。」

与「(小堺さんの頭をジーッ・・・)」

小「何で思い出のデート、今・・・。あ、嫌だったの?話したくなかったんだ?」

与「いや、あのなんて言うんですかねぇ。デートって言うよりも。僕らあの、あれなんですよ。」

小「あ、君たちがデートしたの?」

与「(笑)」

檜「あの〜あんまり、普通に女性とデートするよりもたぶん僕らがデートするのが一番多いですね。」

与「僕らあの、ほんとに二人だけで・・。お買い物に行ったり、遊園地に遊びに行ったり・・・(笑)」

檜「(笑)」

森「え〜っ!」

檜「映画見に行ったり。」

小「え?ちょっと待って、普段も?」

与「普段も。」

檜「普段もです。普段のほうが多いです。」

小「あの、結構コンビって普段は別々に。」

東「そうですよね。離れていますよね。」

小「仲が悪いとかじゃなくって、こう新鮮に居たいがために。」

与「まぁ、そうですね。」

檜「はいはい。」

小「ほんと仲いいんだ?」

檜「はい。二人でジェットコースター乗りますよ、こうやって。」

与「はい。」

檜「きゃーっ!って言いながら。」

与「しょっちゅう並んで。」

檜「並んで(笑)」

森「え〜っ。」

小「ほいで何?いつも帰りはさ、」

与「はい。」

小「『ねぇ、今日はいいたいことあるんだ。』

  『やめて、お願い言わないで。言いたいことわかってるから。』

  とか、そういうのあんの?」

檜「え?何のイメージですか、それ。」

与「(笑)」

檜「そういうことじゃないっすよ。」

小「(笑)」

檜「コンビとしてですよ(笑)」

小「あ、そうなの。」

檜「はい。」

与「でも、僕帰ろうとするとこう・・・。チュッ♪・・って。」

檜「なんでよ(笑)やんねーよ!」

小「(笑)」

檜「気持ちが悪い(笑)」

与「『檜山シッ・・!』って、こうやるんです。」

檜「やめ・・。うるさい(笑)」

小「え?どっちが最初好きになったの?」

与「ま、こっち。」

小「(笑)」

檜「なんで俺そういうキャラになっちゃったんだよ。」

与「簡単に僕に惚れちゃうんすよ〜。こいつね〜(^^)」

小「あぁ、そうなのー。」

与「えぇ。」

小「え?でもそれはずーっと昔から?」

檜「昔からです。コンビ組む前から。」

小「前から仲良くて。へぇ〜。」

檜&与「はい。」

与「ずーっと友達みたいな感じですね、僕らは。」

小「じゃああの、割りとあれ無いの?こう、ネタのことであとで・・・。

  あのさぁ、まぁ、そういうことはあんま言わないほうがいいけど。袖入ってから

   『ちょっと、ちがうだろおまえ!』とか」

檜&与「あぁ〜。」

小「そういうケンカになることね。」

檜「お笑いですけど、ネタの後とか無いですね、そういうケンカは。」

小「ない。」

檜「はい。」

与「大体僕の神の一声みたいなので納得するんですよ。」

檜「なんでおまえ、自分のトコよくすんの(笑)」

与「(笑)」

小「どういう神の一声なの?」

与「うん。まぁ、あれはお前が悪かったからいいんじゃないか、みたいな(笑)」

檜「言わないですよ、こんなこと(笑)」

小「へぇ〜。でも普段も映画見に行こうとか、ごはん食べにいこうとか。」

与「あぁ、そうですね〜。」

檜「なりますね。あと、恋したら夜中に恋の恋愛相談とか。」

与「(笑)」

森「え〜っ!」

小「あ!もうそういうのもそうなんだ。」

与&檜「はい。」

小「好きな子できちゃったとか。」

与&檜「はい。」

小「そういう時も相談のってあげるんだ。」

檜「はい。」

小「その時スネたりしないの?『ええっ?』とか。」

檜「なんで、やきもちやくの(笑)」

与「(笑)」

檜「だから、おかしいですって!」

小「いつもあたしが一番がいい〜!とか。」

檜&与「(笑)」

 



アクセス解析 SEO/SEO対策